れべるあっぷ

ブログを通して昨日より「れべるあっぷ」できる雑記事をお届け

ゲームがつまらないと感じる4つ理由を紹介【実体験】

スポンサーリンク

パズルが散らばる





ゲームは最近やっていますか?


・「昔からゲーム好きでやっていたけど、今はゲーム全然やってない」

・「1日何時間もやってたけど、すっかり熱が冷めちゃったのはなんでだろ?」




この記事では、ゲームをつまらないと感じやらなくなってしまったそんな疑問にお答えします。


結論から言いますと
価値観の優先順位が低くなったと言えます。
この観点を中心に掘り下げていきたいと思います。


ゲームがつまらないと感じるのはのは価値観の優先順位が低いから?

昔はゲームに熱中してたけど、最近はゲームが楽しくないなとかつまらないと感じている人は、
ゲーム自体が面白くないと考えてしまいますが、ゲームも進化していますし市場でも伸び続けていますから


ゲーム自体が面白くなくなったのではなく


自分自身のゲームに対する価値観の優先順位が下がったのではないでしょうか。

スマホゲームに関してはつまらないと感じている部分もあります。
それについて記事にしてみました。
www.tororoup.com


f:id:tororoup:20190823010504p:plain:w400


価値観が変わることで、選び方がや考え方がガラッと変わります。

子供の時は、ゲームをやる意味は考えたりしません

単純に楽しいからやってるがほとんどですし、
周りの友達がやっていてそれについて、共有できるのが楽しいからとやっていると思います。


大人になっていくとやることに意味や生産性がないかな?成長につながるかな?
考えているものです。
それを「ゲーム」にあてはめた時どうでしょうか?


ゲームをやる意味は何だろうと考えた結果
その意味がマイナスの考えの答えだとゲームがつまらないと感じてしまう原因です。


趣味に意味を考えるなと思うかもしれませんが、

人や環境によって影響されることで考え方は変わってしまいます。

【実体験】時間は有限

f:id:tororoup:20190815004643p:plain:w400


実際に考え方や価値観が変わったことがありましたね。

僕自身ゲームは結構プレイしていましたね。

PSPの初代モンスターハンターが発売されたときは、500時間はプレーしていました。(中学生時代)

コール オブ デューティシリーズもやりこみました。
0キル20デスは懐かしい(笑)

社会人でも暇さえあればやっていましたが、


現在はブログをはじめたり、子供が誕生したりと時間の使い方が変わってきました。

ゲームに対する時間のかけ方が変わり、
時間の価値観が変わったことが言えます。


これによって、優先順位が低くなりゲームをやっても有意義ではなく
どこか楽しくなかったり、つまらなくなってしまう原因だと考えます。

ゲームのシステムに飽きている

ドラゴンクエストやファイナルファンタージーのRPGでは
弱い状態から、強くなるために敵を倒し武器を手に取り、冒険しながら

ラスボスに挑む流れなのですが,ここには「必ずクリアできる」前提が存在しているので、

ストーリを進めるための、レベル上げ(作業)と感じてしまいつまらないと感じてしまう。

ゲームに何を求めているの?

ゲームは世間一般で言えば、趣味や遊びのツールになります。(プロゲーマーもいますが)

ゲーム何を求めていますか?

・敵を薙ぎ払う爽快感

・冒険によって成長していく過程

・対戦相手に勝つ

・作業ゲーが好きだから

求めているのは、様々ですが面白いからだったり楽しいからプレイしていると思います。

他の趣味も、楽しいからだったり好きなのでやっていると思います。


ゲームが上手くなることで、実生活にプラスされることはないという考えが
純粋にゲームを楽しめなくなり、つまらないと感じてしまう理由です。


最後に

ゲームをつまらなくなったのは、ゲーム側のせいではなく

ゲームよりやりたいことを見つけてゲームに対する価値観が変わったからなんですね。

ゲームは時間の無駄とよく言われますが、
その人にとっては有意義な時間
すなわち、価値のあることなんですね。


4つの理由を挙げてみましたがどうだったでしょうか?

参考になれば幸いです。